2013年

12月

11日

家づくりブログ。収納計画-大容量の収納でキッチンを使いやすくする!

名古屋+愛知+家づくり/設計事務所×DESIGN

 

 

 

こんにちは、tsuboi design workshop 代表ツボイです。



キッチンまわりの収納の条件は、

①機能的な動線

②たくさんの収納量

③あまり見られたくないが見えたときでも整然としておきたい



特に③番は切実なポイントですよね。

これは一例ですが、

上の写真も手前に3枚の大きな扉があり、

キッチンを使わないときは扉を閉め、

使うときはフルオープンにして、

レンジやオーブンを使ったり、

食品ストックから食材を選んだり。

そんな使い方ができます。



奥行きはレンジなどに合わせて50cm程度ありますので、

奥のものが取り出しにくいのでは?と、考えがちですが、

下の写真のように少しのゆとりを持たせて収納することにより、

とても見やすく取り出しやすい大容量収納となります。


 
名古屋+愛知+家づくり/設計事務所×DESIGN

 

 

 

そして、

もうひとつのメリットはコストダウン



この容量の家具を作るとなると50万円はかかりそうですが、

このような作り方ではその半分以下のコストで済みます。

この違い、なかなか大きいでしょ?!





クライアントさんのキッチンの使い方やお好みに応じて、

設計事務所ならではの、

より機能的なキッチンまわりのレイアウトをご提案します

新築はもちろん、リフォームでも自由なレイアウトが可能です。

快適なキッチンで毎日の暮らしを楽しいものにする。

家づくりの参考にどうぞ!!








 

名古屋+北名古屋+愛知で家づくりのお手伝いをしています。
設計事務所の枠を超えた新しい家づくりのスタイルをご提案します。