2014年

1月

29日

家づくりブログ。うちがローコスト住宅に強い理由、その③

こんにちは、tsuboi design workshop 代表ツボイです。



うちが手掛ける個人住宅の6~7割はローコスト住宅です。

しかし、その内容に決してチープなものはなく、

素材の魅力を活かし、

よいものをよりお値打ちに、

と、建築に関わっていただけるみなさんの努力、ご協力のもと成り立っています。

素材の持つ質感を最大限に引き出すことによりつくられた空間は、

フェイクではない本物の味わいが感じられるものとなり、

それが住む人に心地好さを与えるのです。





うちがローコスト住宅に強い理由、その③は、

うち+大工さん、の家づくり!!



簡単に言うと、≒分離発注

ではない理由は、

大工さんをメインとして、

電気屋さん、設備屋さん、基礎屋さん、○○屋さん、、、と組んでいき、

お金の流れを一本化します



これ、意外とポイント高いんです。



完全な分離発注の場合には、

すべての業種に出来高毎の支払いが発生するので、

割と手間がかかります。




当然、全体の工程を管理してもらう大工さんへの管理費は発生しますが、

工務店の諸経費より
割安
だし、

意外と知られていませんが、

お客様自身が工事管理できる場合を除いて、


分離発注でも誰かに支払う管理費は必要なのです


そして現場の要である大工さんが現場管理者を兼ねることは、


細かいところまで目が行き届き、的確な指示が出せる、
ということ。

これが
最大のメリットなんです。

+うちがサポートいたします。





しかし、

これができる大工さんがどこにでもいるわけではありません。

事務所設立して10年、、、

この10年をかけてそんな大工さんたちと出会いました。




うちがローコスト住宅(=適正価格)に強い理由は、

大工さん、職人さんたちとの繋がりから生まれるものなのです。