2014年

1月

12日

家づくりブログ。私たちの考えるローコスト住宅とは!?

 

 

 

こんにちは、tsuboi design workshop 代表ツボイです。



ローコスト住宅ってよく聞きますが、

いくらくらいまでがローコストだと思いますか?

単純に金額だけで表現すると、

あくまで個人的な感覚ですが、

 
ここ名古屋地区で考えると、

2,250万円(現行消費税込)

このあたりが境目のように思います。

これを超えると高い!!、と感じられるようです。



もちろんそれぞれ住宅の内容差があるので、

充実した内容によってはこれ以上の金額でも

十分お値打ちと考えられるものなのですが、

やはりローコスト住宅という括りで考えると、

あるボーダーラインが見えてきますね。





一般的に言われるローコスト住宅は、

「坪○○万円台から!」とか、よく謳われていますが、

チョイスしていく過程で結局はそこそこの金額になっていくそうです。

そのあたりのからくりは別のサイトで検索してもらうとして、、、



「ローコスト住宅」という言葉だけが先行して、

本当のローコスト住宅の意味とは違ってしまっている状況を

知っておいてほしいのです。



本来のローコスト住宅とは、

建築業界の悪しき慣習である多重下請けを排除し、

できるだけ中間マージンを省くことにより、

コストに還元すること。



これがクライアントさんの大切な予算を効率よく使うことに繋がるのです。



私たちの考えるローコスト住宅とは、

上記のものとは全くの別物なのです。



うちの実例でも1,300万円台~2,200万円台が大半を占めます。

すべてが建物+外構を含みます。



安かろう悪かろうの材料や職人さんに頼ることはしませんので限度はありますが、

実際のコストパフォーマンスの高さは評価していただいています。

こうしたコスト管理、工事業者さんの選定も私たちの仕事です。